扇子は非常に繊細な工芸品ですので、取り扱いに注意し適切に保管することが長く使う秘訣となります。

末永く愛用していただけるよう、扇子の適切な取り扱い方・保管方法をご紹介します。下記のポイントをおさえながら使ってみてくださいね。

 

開閉時の注意点

開く

開く際は「両手」が基本です。
扇子の親骨に右手をあて、反対側の親骨に左手を添えます。そして、右手の親指で扇骨をスライドさせ、ゆっくりと広げていきます。

※片手で開いたり素早く一気に広げたりしないでください

閉じる

閉じる時も「両手」が基本。
扇子の両親骨に左右の手をそれぞれ添えます。そして、扇子の折り目に沿って右手から扇骨をスライドさせるように、ゆっくりと丁寧に左手に向かって閉じていきます。

※手のひらに叩きつけて閉じたり、両手で押しつぶすように閉じたりせず、ゆっくり丁寧に閉じてください

開閉時の注意点について(動画)

こちらも参考にしてみてください

 

扇子を使う際の注意点

扇ぐとき

扇ぐときは「ゆっくり・丁寧に」を心がけてください。
速く激しく扇ぐと、破損の原因になります。近くに人がいる状況での使用も注意しましょう。

また、扇子は濡れや湿気を特に嫌いますので、雨の当たるところでの使用は厳禁です。

持ち歩くとき

扇がないときは扇子袋に入れて持ち歩くようにしてください。

バッグの中にそのまま入れると、扇面が破れたり扇骨が折れたりする恐れがあるうえに、他の持ち物に傷をつける危険性もあります。

扇子袋がない場合は、ハンカチや手ぬぐいを利用するとよいでしょう。

扇子袋に入れる際は扇子の種類問わず、扇面が繊細なため、持ち手を下にしてお入れください。

 

 扇子の保管方法

3つの大切なポイント

1. 水分や湿気を避ける

水分や湿気に触れると、扇骨が変形したり扇面にカビが発生したりする恐れがあります。
水場付近に置かない・風通しの悪いところに収納しない、を心がけましょう。

2. 直射日光を避ける

長時間日光に当たると、扇面の変色や扇骨の割れにつながります。
直射日光の当たらない風通しの良い日陰に保管しましょう。

3. しめ紙やゴムで留める

しめ紙やゴムで留めて保管すると、型崩れを防ぐことができます。
付属のしめ紙・ゴムは紛失しないよう、扇子と一緒に保管してください。

 

冬場など使う機会がなくなる際は、上記3つのポイントを守りつつ、付属の桐箱や紙箱に入れて保管してください。

桐箱は、湿度が高いと膨張して空気を遮断し、逆に湿度が低いとすき間が生じて通気をしてくれます。また、防虫性が高い点も保管に適しています。

紙箱についても同様です。湿気以外にも外的な汚れや衝撃から守るために役立ちますので、きちんと箱に収納しましょう。

 

 

メンテナンス 

日々のお手入れ

扇子が濡れてしまった

万が一扇子が水分に触れてしまった際は、速やかに乾いた布でふき取り、直射日光を避けながら陰干しして乾燥させます。

扇子が汚れてしまった

扇子に汚れが付着した際は、乾いた布でやさしく拭き取ります。
乾いた布で汚れが取れない場合は、生地の扇面や扇骨に限り、ぬるま湯で少し湿らせた布を軽く当てて拭いてください。
※紙扇子や紙を含む扇面を湿らせた布で拭くのは厳禁です
※アルコールを含ませた布は使用しないでください

修理

白竹堂では、扇子を長くお使いいただけるよう修理を承っております。
修理についての詳細は、こちらのページよりご確認いただけます。

 

 

まとめ 

扇子は基本的に夏季に使う道具ですので、どうしても保管期間が長くなりがち。
使う際に注意を払っても、保管が適切にされていないと、寿命が短くなってしまいます。逆も同じく、保管方法が正しくとも、使い方が悪いとすぐに壊れてしまいます。

そんなデリケートな扇子をより美しくより長く使い続けられるように、本ページを参考に扇子にやさしい取り扱い・保管方法を心がけてみてくださいね。